忍者ブログ
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

眼精疲労症状
 
眼精疲労とは、一言で言えば激しい疲れ目と言えます。
睡眠を取って目を休めれば回復する疲れ目と異なり、中々回復しない病的なものを眼精疲労と言います。
目の痛み、目がゴロゴロするような目の症状の他、頭痛や肩こり、吐き気や不眠など、目以外に症状が出る場合も多いようです。
眼精疲労による頭痛肩こりは、体には異常がないのに辛い状態が長く続き、中々回復しません。
病院を受診しても原因のわからない頭痛の場合、眼精疲労が原因である可能性も疑ってみましょう。
眼精疲労になってしまう前に、早めに予防することをお勧めします。


・眼精疲労の症状をやわらげるマッサージ

目の周囲の筋肉をマッサージすることで、眼精疲労の予防に役立ったり、眼精疲労の症状をやわらげることができる場合があります。
マッサージするのはあくまでも目の周囲の筋肉です。眼球そのものを押したり、強い圧力をかけたりしないようご注意下さい。
最近では、眼精疲労に効くツボを重点的に施術するコースのあるマッサージサロンや整体院も増えてきました。
眼精疲労に効くツボを自分で正確に押す事が難しい場合は、マッサージサロンや整体院でツボを刺激してもらうのもよいでしょう。
また、目を温める事も有効な対処法です。
マッサージなどの対処法と併せて、目を温めることをお勧めします。


・眼精疲労の治療

マッサージなどの対処法では効果が感じられないほどひどい眼精疲労の場合は、一度眼科を受診した方がよいでしょう。
「眼精疲労治療室」を設置している眼科も増えています。
「眼精疲労治療室」のコースは洗眼、マッサージ、ホットパック、点眼、低周波治療、アイスパックという流れになっているようです。
それ以外にも、「眼精疲労外来」のある病院もありますので、眼精疲労のひどい方は、一度病院での治療を受けてみてはいかがでしょうか。


眼精疲労を予防するには、目を酷使し過ぎないことが最も重要です。
一旦眼精疲労になってしまうと、色々な対策をとっても中々症状が解消しない場合も多いようです。
パソコン使用中も決まった時間毎に目を休めて目薬をさすことを習慣化したり、目によいといわれるサプリメントを取ったりして予防を心掛けましょう。
 

PR

<<銀行系カードローン  HOME
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]