忍者ブログ
風邪の予防 暮らしの便利情報局
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も風邪やインフルエンザの季節がやってきました。
というわけで、最近知った風邪の予防法を紹介したいと思います。

先日、「Aさんの話」という関西ローカルのテレビ番組で、風邪予防の話題がありました。

「絶対に風邪をひいてはいけない職業」というと、どんな職業を思い浮かべますか?
普通のサラリーマンやOLさんだって、絶対に休めない日というのはありますが、ほんの少しでも風邪気味で、鼻声だったり声がかすれていたりすると仕事に支障が出る職業があります。
それは声優さん。

・・・確かに納得ですね。
声優さんの場合、声が変わってしまっては仕事になりません。

そこで、「Aさんの話」では、ベテラン声優の野沢雅子さんに風邪の予防法をインタビューしていました。
野沢さんの風邪予防法とは、
「口を開けて、38度のシャワーを喉に直接当てながら『あいうえお』と言う」
という簡単なもの。

野沢さんは、この方法を始めてから、もう20年だったか30年だったか、とにかく何十年もの長きに渡って、一度も風邪気味にすらなっていないそうです。

お医者さんの意見としても、効果が期待できる、と紹介されていました。

お医者さんが仰っていたポイントは、シャワー=「水道水であること」。
水道水には強い殺菌作用を持つ塩素が含まれているそうなんです。

この方法を知った時、ちょっと風邪をひきかけているかな?という感じだったのですが、シャワーであいうえおを試し始めてから、すっかり治ってしまったみたいです。

私の場合、シャワーの温度は40度くらいと、野沢さんの方法より少し高めですが、温かくて気持ちがいいです。
普通にうがいするだけでなく、「あいうえお」と言うのは、それによって喉の形が変わり、喉の隅々までお湯が行きわたる効果があります。

塩素の殺菌作用はとても強く、細菌だけではなくウィルスにも効くと書かれているサイトもありました。
風邪の原因の大半はウィルスだそうですから、予防につながりそうな気がしますね。

番組の中では、そうか、うがい薬はなくても水道水で十分なんやなあ、という感想が出ていました。

塩素には濃度の下限値はあるが上限値はないので、水道水にはどれだけ大量の塩素が含まれているかわからない、水道水は危険極まりない、と書かれているサイトもありました。
が、よく見るとその大半は塩素を除去する浄水器の販売サイトに繋がっているようでした。
それに「塩素濃度の上限値はない」というのは嘘のようですね。
「水質管理目標値」というので、残留塩素は「1mg/L以下」と定められています。
ちなみに、WHOのガイドラインでは残留塩素は「5mg/L以下」ですので、日本の基準値はかなり低めです。
これらの事から、水道水でのシャワーうがい(シャワーうがいだけでなく飲用も)には、全く危険性はないと私は判断しました。

他の風邪予防法に比べてもずっとシンプルで簡単なので、私も続けてみようと思います。

皆さまの健康に少しでもお役に立てれば嬉しいです。
PR
色々気を付けてはいるのですが、寒くなってくると、どうしても風邪をひいてしまいます。
歳のせい、とは思いたくないのですが、そうなんでしょうかねえ・・・。


さて、そんな私ですが、この冬は今の所風邪をひいていません!


今シーズン試しているのは「ビタミンCの大量摂取」と「亜鉛の補給」。
ビタミンCが風邪予防に効果があるのかどうかは、今もって諸説あるようですが、どうしても風邪をひきたくなかったし、摂り過ぎてもあまり健康に悪影響は少なそうなので、試してみようと思ったのです。
飲んでいるビタミンCは、ネイチャーメイドの、with Rose Hipsという、1粒で500mgのビタミンCが摂れるというものです。
これを仕事中、ほぼ1時間おきに1粒と、夕食後に1粒飲んでいます。
毎日8時間働いているとした場合、一日9粒、4500mgのビタミンCを摂っていることになります。
このサプリは「チュアブル」なので、最初は噛み砕いて食べていたのですが、あまりに酸っぱすぎるのと、歯がギシギシする(歯が溶けてる?)気がして、水で飲むようにしました。

私の場合、摂取目安量を大幅に超えて飲んでいるわけですが、もし試される場合は自己責任でお願いしますね。

ビタミンCに加えて、亜鉛も摂るようにしています。
昔、風邪をひいたら牡蠣を食え、牡蠣には亜鉛がたっぷり含まれているからすぐに治る!と言われたことがあって、「風邪には亜鉛」と刷り込まれていたのです。
亜鉛も、ビタミンCと同様、ネイチャーメイドのサプリメントを購入してみました。
他にも色々出ていますが、量と値段を比べると、ネイチャーメイドのものが一番コストパフォーマンスがよいような気がして。
亜鉛の場合は、あまりに大量に摂り過ぎるとよくなさそうなので、一日の摂取量目安である1粒(亜鉛10mg)を守っています。


「風邪を予防するためにヒートショックプロテインを増やすぞ!」と頑張った年もあったのですが、やっぱり普段と違うことをするのが面倒くさくて、中々続かないんですよね・・・。
それに比べて、もしサプリメントで風邪予防ができるとしたら、飲むだけなのでかなり楽です。
そんな感じで、ビタミンCと亜鉛サプリを飲みつつ、今年の風邪シーズンを乗り切ろうと目論んでいます!
風邪の予防についてはこれまでにも何度か書いてきましたが、今年の風邪はHSPを増やすことで予防しようと思っています。

HSPとは「ヒートショックプロテイン」の略で、体温が上がった時に、熱のストレスから体を守ってくれるタンパク質のこと。
このHSPが、熱だけでなく様々なストレスから体を守ってくれて、免疫力も増強してくれるといわれているのです。

HSPの増やし方は簡単。
体温を上げてあげればいいのです。

具体的には、入浴で体温を上げてHSPを増加させます。
その方法は次の通りです。

1.お湯の温度は40~42度くらいにする

2.10分~20分くらい浸かる
  体温が平熱より1~2度上がるくらい。
  目安としては、40度なら20分、41度なら15分、42度なら10分程度です。

3.お湯から上がった後、体を冷やさないように15分程度保温する

毎日行うと体が熱に慣れてしまって効果が薄れるので、間を置いて週に1~2回行うのがよいとされています。

私も気温が下がり始めた10月末くらいから週に2回のHSP入浴法を実践しています。

まず入浴前には水分補給をたっぷりと。

お湯は42度で10分を目安に浸かっています。
結構心拍数が上がる感じがするので、心臓に問題のある方はぬるめのお湯で時間を伸ばした方がよいかも知れませんね。

10分くらい浸かったら、一旦お風呂から出て体をしっかり拭き、スウェットを着た上からサウナスーツを着てテレビを見ながら水分補給をしつつ15分程保温します。
サウナスーツは100円ショップのキャンドゥで上下210円で購入したものを使っていますが、使い捨てと思った方がいいですね。
1回着ると、着ただけで運動しなくてもほぼ破れます。
長い目で見ると、少し高くてもちゃんとしたサウナスーツを購入した方が安上がりかも知れません。
100均のサウナスーツは首回りにやや隙間があるので、タオルを巻いて熱が逃げないようにしています。

保温中の水分補給は、冷えた飲み物を飲むと体温が下がってしまいますので、常温以上の飲み物を飲むようにしましょう。
私はいつもスポーツドリンクを電子レンジで40度くらいに温めて飲んでいます。

15分くらい経ったら服を脱いでもう一度お風呂場へ。
シャワーでしっかり汗を流して、シャンプーして体を洗います。

この後に、お風呂に入るのが私が最後の場合は、保温中に着ていたスウェットを浴槽で軽く洗います。
保温中にものすごい汗をかくので、そのまま他の服と一緒に洗うのはちょっと汚い感じがするんですね。

そんな感じでHSP入浴法を実践してみているのですが、今の所今年は風邪をひかずに過ごせています。
まだ風邪の季節の本番はこれからなので油断はできないのですが・・・。

風邪やインフルエンザに負けないように、HSPを増やして冬を乗り切りましょう!

ぬれマスクを試してみました。

前に「ぬれマスクで風邪予防」で書いた自作のぬれマスクと、市販されている小林製薬の「のどぬ~るぬれマスク就寝用」です。

まず自作のぬれマスクについて。

コンビニで布製のマスクを購入して、水に濡らし、軽く絞って上部を外側に折り曲げて装着。

鼻が開いているので呼吸は普通にでき、湿度の高い空気を楽に吸い込むことができました。

就寝中もまったく苦しくありませんでしたし、起きた時も何となく調子がよいように感じました。

ただ、起きた時にはマスクはすっかり乾燥していました。

何時間くらい濡れた状態だったのかわかりませんが、朝まで潤いを保つことはできていないようです。

次に試したのは、小林製薬の「のどぬ~るぬれマスク就寝用」。

こちらは立体的なマスクで、鼻まで覆うようになっています。

内側にポケットがあり、そこに濡れフィルターを差し込む仕組みです。

私が購入したのは無香料のものでしたが、他に、ハーブの香りのものもあります。

これを装着すると、確かに鼻やのどが潤うように感じました。

ただ、楽に呼吸ができるように工夫されているとは言え、鼻まで覆ってしまうと少し息苦しかったです。

それと、無香料のぬれマスクだったのですが、装着すると独特のにおいが気になってしまいました。

息苦しさと独特のにおいで、付けたまま就寝することはできませんでした・・・。

これは私だけの感想であり、「のどぬーるぬれマスク」を付けても息苦しくなく、においも気にならず、ぐっすり快適に眠れる方も多いことでしょう。

私も、しばらく付けていればそのうち慣れて、ぐっすり眠れるようになるのかも知れません。

市販のぬれマスクは、朝まで潤いを保てるようですので、自作のぬれマスクのように朝までに乾燥してしまうことはなさそうです。

自作のぬれマスクと市販のぬれマスク、どちらにも良い点・悪い点がありますが、私としては、市販のものでは眠れないので、この冬の風邪予防には自作のぬれマスクを活用しようと考えています。
 

インフルエンザの流行が本格化してきています。

もっともインフルエンザなどのウィルスに接する人と言えば、間違いなくお医者さんだと思うのですが、お医者さんはどうやってインフルエンザへの感染を防いでいるのでしょう?

医療従事者には優先的にワクチンの接種を行われるのですが、誰一人ワクチンを接種されていない時点でも、新型インフルエンザにお医者さんが感染した、というニュースは聞きませんでした。

ワクチンのお陰だけではないとしたら、お医者さんがどのようにしてインフルエンザや風邪を予防しているのでしょう?

2009年1月13日にテレビ朝日で放送された「噂のクエスチョン」という番組で、医者が実践している風邪予防法をやっていました。
インフルエンザの予防法も、基本的には通常の風邪の予防法と変わりはないと思います。

ランキング形式でお医者さんの風邪予防法を紹介していたのですが、第3位は、部屋の加湿でした。

風邪のウィルスは乾燥した所では激しく活動します。

逆に、風邪のウィルスは湿気に弱く、湿度を高めると湿気と一緒に床に落下し、死滅してしまうそうです。

乾燥しやすい冬には特に、部屋の湿気を十分に保つことを心がけましょう。

私は加湿器は持っていないのですが、エアコンの風が当たる所に濡れタオルを掛けて湿度を保つように心がけていて、多少は風邪予防効果があるように感じています。
 

第2位は、マスク。

風邪のウィルスはマスクの穴よりずっと小さいので効果に疑問符をつけるお医者さんもいましたが、やはり、多くの医師の一致した意見として、マスクは風邪予防に効果がある、というのが一般的なようです。

私は、お医者さんの風邪予防法第3位の加湿効果と、第2位のマスクの効果を狙った「ぬれマスク」も活用しています。


医者が実践する風邪予防法の第1位は、手洗い。

風邪のウィルスは口や鼻からだけではなく、目からも感染する可能性があるそうです。
帰宅時には、顔を触ったりする前に、しっかり手洗いをして風邪のウィルスを洗い流してしまいましょう。


他に、ビタミンCと水分を十分に摂って免疫力を高める(別のテレビ番組では、「ビタミンCは風邪予防には効果がない」と言っていたお医者さんもいましたが)、とか、規則正しい生活をして十分な睡眠を取る、といった基本的な予防法をしている医者さんいました。

特別な風邪予防法を実践しているわけではなく、どれも一般的に言われていることばかりでした。

お医者さんは、普通の人に比べて何倍も風邪のウィルスにさらされる可能性が高いと思うのですが、たったこれだけのことで風邪の予防をしているのですね。

どの風邪予防法も本当に簡単に実践できるものばかりです。

早速実践して、風邪を予防しましょう。

ただ、一般的に手洗いとセットで行われることが多い「うがい」は、ランキングには入っていませんでした。
ウィルスは口内に侵入してから10~15分程度で、うがいでは届かないのどや気管の奥にまで侵入してしまうそうで、帰宅直後にうがいをしても風邪やインフルエンザの予防には効果がない、という意見が多いようです。
うがいをすることは衛生的にはいいことなので、するのはよいのだけど、風邪やインフルエンザの予防には効果はない、ということでした。
 

HOME  次のページ>>
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]