忍者ブログ
風邪にビタミンC? 暮らしの便利情報局
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

今年も寒くなってきて、風邪の季節がやってきました。
これまでに色々な風邪予防法を試してきた私ですが、相変わらず、かなり風邪をひきやすい体質のようです。

先週末も風邪をひいてしまいました。
今回の風邪は、鼻の奥が痛くなり、どろっとした鼻水が口に流れ落ちてくる症状から始まりました。
このままでは熱が出て、数日寝込まないと治らないんじゃないか、という感じの状態でした。
でも、週末には外せないイベントがある。
何とかして治したい・・・。
そして、できれば薬は飲みたくない・・・。
薬は風邪の症状を抑えてはくれますが、ウイルスをやっつけてくれるわけではないので、薬を飲まない方が風邪の治りは早い、と聞いていたからです。
それに多くの風邪薬には眠くなる副作用もありますし、肝臓への負担も心配でした。

そこで私が試したのが、ビタミンC。
ビタミンCは風邪に効果があるのか?については、専門家の間でも色々な意見があるようです。
私も、これまでにもビタミンCのサプリを飲んでいたのに、風邪をひきやすいのは変わっていない。
という事は風邪にビタミンCは効かないという事なのでは?と思ったのですが、なぜか今回は、もう一度ビタミンCを試してみよう、と思ったのです。

ネットで色々調べてみた所、まず、これまでの私のビタミンC摂取量は、圧倒的に足りなかったのではないか?と感じました。
ビタミンCの1日の推奨摂取量の目安は、100mgとされています。
私が飲んでいたサプリは、一粒500mgのビタミンCが含まれていて、それを一日2粒飲んでいました。
推奨摂取量の10倍です。
それでも、どうやら私には足りなかったようなのです。
色々な人の体験談を読んでみると、起きている間は1時間に1000mgずつ飲んでいる、という方が多かったです。
そうなると、一日16時間起きているとして、一日に16,000mg=16gのビタミンCを摂取している事になります。
ビタミンCを取りすぎると結石ができやすくなる、という副作用もあるとされていたようですが、現在では否定されているようですね。
人によっては、風邪の時には1時間に2000mgずつ飲んだ、という方もいるようです。
このようなビタミンCを大量摂取する方法を、メガドーズというそうです。
ポイントは、一度に大量に飲むのではなく、常に体の中にビタミンCが残っているように、一定時間ごとに分けて飲むこと。

私はこの方法を試してみる事にしました。
1時間に、500mgのビタミンCが含まれるサプリを2粒ずつ。
これを起きている間中飲み続けてみる事にしました。

メガドーズを実践している人の多くは、添加物のない、純粋なビタミンC(アスコルビン酸原末)を飲んでいる人が多かったのですが、急を要したので、手元にあったサプリを使いました。

結果は・・・。
風邪は全くひどくならず、イベントにも参加できました。
イベント中も小分けにしたビタミンCサプリを1時間置きに飲んだ所、翌日にはほぼ治癒していました。

ただし、ものすごい下痢をしました。
風邪が治ってからビタミンCの摂取量を元に戻したら翌日にはすっかり治まりましたが。
ビタミンCを限界以上に摂取して下痢を起こし、腸内を綺麗にすることを、「ビタミンCフラッシュ」と呼ぶそうですが、私は意図せずこの状態になっていたのですね。

私の風邪がビタミンCのおかげで治ったのか、実は飲まなくても治っていたのかは不明です。
それに、本当に、こんなに大量に飲んで副作用がないのかも私にはわかりません。
もし実践する場合は、自己責任でお願いします。

私は今後も、健康のために、1日に500mg×2粒よりは少し大目のビタミンCを飲もうと思っています。
となると、やっぱり無添加のアスコルビン酸原末にした方がいいのかな・・・。
PR

HOME  風邪の予防に「シャワーであいうえお」水道水うがいが効果的!>>
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]