忍者ブログ
焼きみかんの効能 暮らしの便利情報局
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

焼きみかんは、普通に生でみかんを食べるのに比べて、様々な効能がアップすると言われています。

焼きみかんが生のみかんに比べて効能がアップする秘密は、みかんの皮にあります。

みかんの皮には、ビタミンCやβクリプトキサンチンなどの抗酸化作用の高い成分が、みかんの実より大量に含まれているのです。

焼くことで皮も食べやすくなりますので、焼きみかんは皮ごと食べる方が効能をアップさせることができます。

焼きみかんの皮を向いて食べる場合も、焼くことによって皮が向きやすくなりますし、焼くことによって皮の有効成分が果肉に浸透しますので、生で食べるより高い効能が期待できるでしょう。

焼きみかんにはどんな効能があるのでしょうか?

焼きみかんに多く含まれるビタミンCは、抗酸化物質であり、免疫力を高めて風邪などの病気を予防したり、美肌効果や若返り効果をもたらす効能が期待できます。

ビタミンCは熱に弱い物質ですが、みかんを焼いても皮に守られていますので、果肉のビタミンCが失われることはないようです。

焼きみかんに大量に含まれるβクリプトキサンチンには、強い発ガン抑制効果があります。

発ガン抑制効果という効能があるβクリプトキサンチンが焼きみかん程大量に摂取できる食品は、他にはないようです。

また、焼きみかんの皮に含まれるナリンギンという成分にも効能があります。

ナリンギンには、腸のぜん動運動を活発にして消化吸収をよくする効果や、中枢神経を鎮静させて睡眠の質を向上させたり、のどの炎症を抑える効果があります。

焼きみかんに含まれる有効成分の効果で、新陳代謝や血液循環もよくなり、現代人が悩む様々な症状が改善されることも期待できます。

このように、手軽に食べられて様々な効果が期待できる焼きみかん、風邪の予防や健康増進のために役立てましょう。
 

PR

<<ぬれマスクで風邪予防  HOME  焼きみかんの作り方・食べ方>>
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]