忍者ブログ
右クリックメニューの表示が遅い問題について 暮らしの便利情報局
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

いつの頃からか、僕のパソコンの動きが時々もの凄く遅くなるようになりました。

具体的には、エクスプローラーを開いて、ファイルをコピーしようとしてCtrl+Cキーを押す、或いはファイルを右クリックして表示されるメニューから「コピー」を選択しようとしても、マウスカーソルは砂時計のまま。

右クリックしてからメニューが表示されるまでに、ひどい時は1分くらいかかってしまうくらい遅い状態になってしまいました。

かなり高性能のパソコンですし、特に重たいソフトを動かしているわけでもないのに。

いろいろ原因を調べてみた所、どうもエクスプローラーでファイルを右クリックした時、ネットワーク上のコンピューターを参照しに行っていて、そのコンピューターが起動していないのが、右クリックメニューの表示が遅い原因ではないかと思われました。

この現象、ネットで調べてみると、動きを軽くするための様々な対策が載っていますが、ネットワーク上のコンピューターを参照していることが原因の場合、それらの対策はほとんど効果がありません。

解決法は、右クリックしてメニュー表示する度にネットワークを参照しに行くのをやめることです。

具体的な解決法は以下の通りです。

1.レジストリエディタを起動する。
  スタートメニュー → ファイル名を指定して実行を選択し、名前に「regedit」と入力してOKを押す。

2.レジストリエディタで、HKEY_CLASSES_ROOT\Applicationsキーを開く。

3.上記のキー内で、ネットワーク上の他のコンピューターのプログラムを参照しているキーがあれば、ローカルのパスに修正する。

私の場合、HKEY_CLASSES_ROOT\Applicationsキーの下に、妻のパソコンにしか入っていないアプリケーションのキーがあって、値が
「\\○○○(妻のコンピューター名)\xxx.exe」
になっていました。
(HKEY_CLASSES_ROOT\Applicationsを右クリックして\\を検索して見つけました。)

このキーを丸ごと削除した所、右クリックメニューの表示も、Ctrl+Cによるコピーも、快適に動くようになりました。

私の場合は削除しましたが、そのアプリケーションがローカルのパソコンにも入っているのであれば、ローカルのパスに変更してやって下さい。

いつの間に妻のパソコンのアプリケーションを参照するようになったのかわかりませんが、家庭内LANを張っていて、お互いのパソコンを使っていればこういうこともあるのでしょう。

こんなに簡単に右クリックメニューの表示が遅い問題が解決するなんて、これまでに失った時間やイライラしていた時間を返して欲しい気持ちです。

右クリックメニューの表示が遅いことで困っている方は私以外にもかなり多いと思います。

少しでもお役に立てたら幸いです。

※レジストリの変更は、間違って行うとパソコンが立ちあがらなくなることもあり得ます。
 自分で行う自信がない場合は、詳しい人に手伝ってもらった方がよいと思います。
 

PR

<<学資保険より生命保険?  HOME  ノートパソコンハードディスク交換体験記>>
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]