忍者ブログ
風邪の予防法 暮らしの便利情報局
暮らしに役立つ便利な情報を発信します。

風邪予防には規則正しい生活が一番です。
とは言え、仕事や付き合いの都合で生活が不規則になってしまうのも仕方のない所。

できるだけ風邪をひかないように、一般的に言われている風邪予防法風邪を引いてしまった時の対処法など、風邪についての情報をまとめてみました。


・風邪予防法

風邪の予防法としては、体を冷やさない事が大切です。
特に首筋を温めることは風邪の予防にとても有効。
外出時にはマフラーを、家の中では首筋にタオルを巻くなどして、首筋を冷やさないようにして風邪を予防しましょう。
最近はネックウォーマーをしている女性も多いですね。ネックウォーマーも風邪予防には有効です。

うがい・手洗いも風邪予防には大変有効です。
人ごみからの帰宅時には、他人や空気中の風邪ウィルスがのどや手に付着している場合があります。
風邪のウィルスが体内に侵入しないよう、帰宅後はすぐにうがい・手洗いを習慣化しましょう。
手洗いは、石鹸を使って流水で30秒くらいしっかり洗うとよいでしょう。

風邪の予防には、一般的に、ビタミンCが有効だと言われていますが、ビタミンCには風邪予防の効果はそれほどないとする実験結果もあり、意見が分かれる所です。
風邪の予防に効くと信じてビタミンCを飲めば効き目もアップするかも知れませんね。

風邪を人からうつされない、風邪をひいてしまった時は人にうつさないために、マスクも有効です。


・風邪の症状

風邪の症状としては、のどの痛み、鼻づまり、頭痛、発熱などの症状が代表的です。
風邪のウィルスにより消化管や胃腸が感染することにより、腹痛や下痢・吐き気などを催すこともあります。
普段から胃腸の弱い方は、風邪の症状が胃腸に出ることが特に多いようです。


・風邪をひいてしまったら

風邪をひいてしまったら安静にして体力の消耗を防ぐのが一番の対処法です。
精神的なストレスも免疫力を下げてしまいますので、ストレスになりそうなことはできるだけ避けましょう。
風邪には昔から様々な対処法が有効だと言われていますが、時間が許すのなら、病院で診察を受けることをお勧めします。

食事は、胃腸に負担をかけないよう、消化のよい食事を心掛けましょう。
食欲をなくしてしまう場合もありますが、食事を摂らないと体力が落ちてしまい、風邪が長引いてしまうことがありますので、できれば消化のよい食事を撮るようにしましょう。

風邪の時に風呂に入っていいかどうかはお医者さんによっても意見が分かれているようです。
昔は、「風邪をひいたら絶対に風呂には入らない方がよい」と言われていましたが、最近は「熱がなければ風呂に入った方がよい」という意見も多く聞かれます。
ただ、熱がなくても、風呂は体力を消耗させるので入らない方がよいという意見もあります。
風邪を引いた時は、とにかく体力を消耗させないことを一番に考えましょう。


・風邪の選び方

風邪は、風邪そのものを治すためのではなく、風邪の諸症状を緩和するための薬です。
風邪をひいてしまった場合は、自分の症状に合わせて薬を選ぶようにしましょう。
風邪の症状がひどい場合や早く治したい場合は、病院で診察を受け、薬を処方していただくのがよいでしょう。
 

PR

<<正月太り ダイエット  HOME  プロテインダイエット>>
スポンサード リンク
ブログ内検索
アクセス解析
プライバシー ポリシー
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
Copyright © 暮らしの便利情報局 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]